2012.08.07お知らせ 熱中症にご注意ください!!

急に暑くなってきました。

気温が高い夏場は特に熱中症に注意が必要です。
・気温が高い
・日差しが強い
・湿度が高い
・急に暑くなった
というような日には熱中症に注意しましょう!

ちなみに、くらさん、リチャードとも何度か熱中症になってしまいました。

代表的な熱中症といえば、
日射病や熱射病があげられまます。

重症の場合、死亡に至る危険性も高く、
ほっておくと非常に危険だということを認識しておいて下さい。

身近な場所で起こりえますが、
熱中症をくれぐれも甘く見ないように。

また熱中症になりやすい人は、
子供、お年寄り、睡眠不足、肥満、
風邪をひいている、我慢強い人などです。

熱中症の応急処置

1.日射病の場合は、木陰やクーラーの効いた
涼しい場所で充分な休憩と十分な水分補給をしてあげます。
水分補給は、できればスポーツドリンクがベストです。

これでも症状が軽くならない場合や、
症状に吐き気や嘔吐がある場合は水分補給が出来ないので、
速やかに病院へ行き、点滴で水分補給するのが良いでしょう。

2.熱射病の原因は外気へ体の熱の逃げ道がなくなり、
体に熱がこもってしまうため。

この場合は熱を逃がしてやれば回復するため、
冷たいタオルで拭いたり風を送るなど、
体を楽な状態にして冷やしてあげれば、すぐに良くなります。

言動がおかしかったり、すぐに意識がもどらない、
反応が鈍いなど症状が重い場合は
一刻も早く病院へ連れて行かなければ
手遅れになりかねない危険な状態です。

ご注意ください!

トップページに戻る     トップページに戻る

ページ上部に戻る

トピックス イベントやプログラムの情報をお届けしていきます。

記事一覧を見る